制汗剤ならパースピレックス

ワキにひと塗りするだけで脇汗が抑えられるようになる

  • 「暑くもないのに脇汗を年中かいてしまう・・・」
  • 「ちょっと緊張しただけでも大量に脇汗が出る・・・」
  • 「普段は汗をかかないのに、脇汗だけは止まらない・・・」
  • 「脇汗のせいで着たい服が着れない・・・」
  • 「洗濯しても汗染みが取れない・・・」

こんな時でも、脇汗による弊害を手軽に解消してくれる事から高い評判となっていて、皮膚科や美容クリニックでも人気なのが制汗剤の「パースピレックス」です。

パースピレックスで脇汗の発汗を抑えられるのには、有効成分「塩化アルミニウム」と水、そして皮膚にあるケラチンが関係しています。

脇汗を抑えるメカニズム

パースピレックスの有効成分である塩化アルミニウムは、水と反応する事で固形になり安定する性質があります。この性質を利用して、汗腺内の汗(水分)と塩化アルミニウムが反応すると、水酸化アルミニウムを生産します。

この成分が、皮膚上層に存在するケラチンと一緒になる事で角栓(フタ)を形成し、脇汗の出口を密閉する事で発汗を抑えられるようになるのです。

角栓のフタをされた汗腺は、汗の生産を中断します。
働きが続く限り効果が持続し、1回塗れば3日~5日程度持続する事もあります。

肌への刺激を抑える成分「乳酸アルミニウム」も配合

塩化アルミニウムは、水と反応すると塩酸を作り出すので、それが、肌を刺激してヒリヒリする事があります。

これを防ぐために、パースピレックスには、塩化アルミニウムの他に乳酸アルミニウムが配合されていて、刺激のある酸を無害な乳酸に変換してくれる事で、ヒリヒリ感を低減してくれます。

この刺激痛を防ぐ方法も同時に実現している制汗剤として特許を取得しているので、汗を抑えられて刺激も少ないのは、パースピレックスだけです。

使用方法

パースピレックスの基本的な使用方法は、夜の就寝前に塗布します。
就寝前は汗腺の活動が低下しているので、成分をしっかりと汗腺内に入り込ませる事が出来ます。

塗布後は、乾いてから衣類を着用するようにして、翌朝に、石鹸と水で洗い流すのが基本的な流れです。汗取りシートや濡れタオルで拭くのでも大丈夫です。
いずれも、表面に残った成分を除去する事が大切です。

たっぷり塗れば良いわけでなく、汗腺内にしっかり浸透している事が大切です。
>>使用方法の詳細はこちら

尚、パースピレックスによる制汗作用は、いつまでも続くわけではありません。
大体2日~7日の皮膚の代謝によって排出されるので、効果が弱まってきたなと感じたら再度塗り直す事で制汗作用が復活します。

また、代謝によって角栓が排出されるので、いつまでも汗腺内に留まってしまう心配も無く、衛生的にも理にかなっていると思います。

その他の脇汗との比較

パースピレックス以外にも、様々な脇汗対策方法もあります。

デオドラントスプレー
  • 制汗作用ではなく、ニオイを防ぐ働きだけしかない
  • 汗染み、衣類汚れは変わらない
脇汗パッドを使う
  • 夏場は余計暑くなる原因で、温熱性発汗を助長するだけ
  • ズレたり剥がれたりする事もしばしば
フィルム
  • 脇毛の処理次第で使えない
  • 皮膚が負ける場合もある
  • 男性は使えない
シール
  • 肌に直接貼るから剥がれる事がある
  • 汗が染みこむと、結局、脇蒸れしてしまう
発汗性が高い服など
  • 着るものが限定されてしまう

どれも苦肉の策に過ぎず、根本の解決には至りません。
スプレーなら目に見えませんが、その他は、どれも「ワキ汗対策中」とアピールしているようなもので、出かける時にも嵩張ります。

パースピレックスなら、前の日に塗っておけば効果が持続するので、塗り忘れでヒヤヒヤな思いをする事も使用しているのを気づかれる心配もありません。

脇汗対策であらゆる場面が快適になる

脇汗が抑えられると、仕事、プライベートでの心配事も少なくなります。

  • 満員電車の中での発汗やニオイの心配も無い
  • 合コンや結婚式・パーティーの服も汚さなくて済む
  • 車の運転中にちょとした事で汗が出る不安も無い
  • 会議やプレゼンの時に汗だくになる事もない
  • 汗染みも無くなり洗濯回数も減らすことが出来る

満員電車の中のように、大勢で動けずに一定時間動けない状況だと、少し脇汗が出るとそればかり気になってしまうものです。すると、精神性発汗によって脇汗が更に出てしまいます。

他にも、合コンや結婚式などおしゃれな服の時には、できるだけ汗染みは避けたいものです。汗をかいたら洗えば済むかもしれませんが、洗濯回数が増えると生地も傷みやすくなります。

会議やプレゼンで話す時に気になるという意見も多くありました。
「一生懸命で熱意が感じられる」と思われれば悪い事ではありませんが、平静を装っている割に脇汗がダラダラ出ていては、話しに集中してもらえないような気がしませんか。

このように、様々な場面で脇汗がマイナスポイントとなってしまいがちですが、パースピレックスで対策しておけば、そうした心配事に無駄に時間と労力を費やす事が無くなります。

ロールオンタイプとローションタイプの2種類

パースピレックスには、脇汗用のロールオンタイプと手足用のローションタイプの2種類があります。

脇汗対策ならロールオンタイプですが、ローションタイプは、有効成分の配合量が多くなっています。

脇汗だけでなく、手汗や靴下がびっしょり濡れることがある場合は、ローションタイプが適しています。手ならともかく、足に汗をかきやすいと、菌が繁殖して水虫の原因ともなりかねません。

また、仕事での革靴や長靴を履く機会が多い時などにも、蒸れを抑える方法として活用できます。

尚、パースピレックスは、ドイツ製であり日本では未認可のようです。
海外からの個人輸入であれば問題無く購入でき、輸入代行サイトなら通販と同じ感覚で購入でき、価格も手頃です。