ボトックス注射とは

長くて半年程度の制汗作用を実現してくれるボトックス注射

制汗の方法として、より本格的なものにボトックス注射を施す方法があります。
これを行えば、数ヶ月から半年程度、制汗効果を継続する事が出来るようになります。

そもそも、ボトックスというのは、注射の方法ではなく医薬品名です。

製薬メーカーのアラガン社が製造している薬で、多汗症治療や小顔に有効とされています。

また、施術時間も5分~10分程度と短時間で済ますことが出来る事や治療後にすぐ帰宅出来るなど、施術における手間暇がありません。施術後3日程度してから効果が現れ始めるものです。

ボトックス注射は、痛みや腫れといった副作用もほとんど起こらないので、皮膚内に注射する事もそれほど危険は無いと思いますが、施術料金は皮膚科クリニックや美容外科によって割りと高額になる場合がほとんどのようです。

片脇60単位、両脇で120単位ともなると6万円程度かかってしまいます。

パースピレックスなら、ボトックス注射にかかる費用の20分の1程度で購入する事ができ、普通に使用しても2ヶ月~3ヶ月持つの方が安上がりで手間もありません。

塗るのが面倒と思う場合は、ボトックス注射でも良いと思いますが、いずれにしても、まずはお金がかからず針を刺すなどの心配も無いパースピレックスを使用し、いまいちだったらボトックスを検討してみるのが良いかもしれません。