3種類の発汗作用

暑さ調整・緊張・刺激によるそれぞれの発汗

一概に汗をかくと言っても、温熱性発汗、神経性発汗、味覚性発汗の3種類があります。

  • 温熱性発汗:体温が上がる時に出る汗
  • 精神性発汗:緊張などで脇などに出る汗
  • 味覚性発汗:熱いものや辛いものなどの刺激によって出る汗

哺乳類の中でも、これほど多量に汗をかくのはヒトだけのようです。

その理由は、体温を37℃程度に保つ必要があるからと言われています。
そもそも、なぜこの温度に保つ必要があるのでしょうか。

それには、温度が高い方がヒトの身体がエネルギーを沢山蓄えるのに都合が良いという事があります。また、それと同時に脳や身体がオーバーヒートしない境目が37℃程度のようです。

最適な温度を保つ為に、温熱性発汗によって身体から汗を出して熱を放出する事で体温を下げます。また、体温が下がるという事は、血液の温度も下がる事なので、冷えた血液が巡回して脳のオーバーヒートも防ぐことになります。

これに対して、精神性発汗は、本人が意識しているしていないに関わらず緊張している時などに発汗が起こる事で、掌や足裏などでの発汗を引き起こします。これらの場所に出るというのは、汗の水分がすべり止めの役割をしているからではないかと言われています。

また、「予期不安」という汗をかく前から不安を感じて脇を意識するようになり、それが原因で汗をかき、汗をかく事でさらに不安が強くなるという悪循環によって症状がひどくなります。

脳内には、汗を出すように促す発汗中枢があるのですが、緊張時に脇を意識する事で、緊張による汗を出せという命令と脇への意識が混同してしまい、「脇に汗を出せ」となってしまう事でひどくなってしまう場合も多いようです。