2種類の汗腺

ニオイの分泌と体温調整の2種類の働き

ヒトの汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺というそれぞれ違う働きを持つ2種類が存在しています。

  • アポクリン腺:フェロモンなどのニオイを分泌する
  • エクリン腺:体温調整の為にある

ニオイを出すアポクリン腺は、脇や陰部、耳の後ろなどの限られた部分にしか存在しない汗腺で、正確には、以下の部位に存在します。

  • わきの下
  • へそ周り
  • 耳の外耳道
  • 乳輪
  • 性器
  • 肛門周り

アポクリン腺から出る汗は、エクリン腺から出る汗とは異なり以下のような成分を含みます。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質
  • アンモニア
  • 鉄分

そもそも、汗というのは血液中の水分がろ過されて出てきたものなのですが、アポクリン腺から出る汗にはこれらの成分が含まれているので、皮膚表面で細菌によって分泌される事でニオイ(発酵臭)を発します。

ニオイによる刺激が強い症状をワキガと呼びますが、分泌される成分そのものがニオイを発するわけではなく、細菌によって分解された時に発するものです。ワキガの人は、アポクリン腺の数が多く、ひとつひとつが大きくなっている事で臭いやすいようです。

一方のエクリン腺から出る汗には、ニオイの元となるものはほとんど含まれていません。99%が水分で、残り1%は以下のような成分が含まれています。

  • 塩分
  • アンモニア
  • 尿素
  • 色素リポフスチン
  • ピルビン酸

エクリン腺自体の役割が体温調整なので、水分を使って熱を外に出す事で身体を冷やすという役割を担っています。その為、全身に存在し99%が水分です。

ただし、エクリン腺から出る汗も身体の場所によってニオイを発します。
例えば足の汗は、アポクリン腺がひとつも無いのに、場合によってはニオイが強くなる事もあります。

ニオイの原因は、汗が細菌によって分解される発酵臭だけでなく、古くなった皮膚などがエクリン腺からの汗によって湿り気を帯び、それが、細菌によって分解される場合もあるという事を忘れてはなりません。

また、ストレスなどによって汗のニオイが変わるという場合もあるので、エクリン腺から出る汗も時には、ニオイの元となる成分を含んでいるかもしれません。